人生の扉

なかな思いつかない
あきらめてはいけない
枕元に天使が降りてくる・・
何回か経験している。
突然道がひらける

真っ暗だと思っていた・・
ふと取っ手を見つけた、そして押してみる
扉がひらく
まばゆいばかりのひかり 目の前には今までと違う別世界が
突然人生の扉がひらく

だといいな(^^)/

昔見たアメリカドラマ・・「逃亡者」や「西部劇」

主人公が各地を転々とする外国ドラマ
今でも印象に残っています。

20回の引越し 大阪以外は最長4年
滋賀も長くなりました。

先日、桜を見に行った時
ふと・・ 違う処にいってもいいかな・・と思いました

(もちろんここにずっとすむつもりですが、根なし草の性分かな・・遊牧民族に多い血液型らしいです。

 

 

 

夜桜♪ ~三井寺

予約が入ってないのを幸いに一人自転車をこいで夜桜見物に行きました

天智・天武・持統天皇と三代の天皇が産湯に使ったという井泉がありました。
天皇が産湯を使った「御井(みい)の寺」と呼ばれていたのが三井寺の由来らしいです。
歴史的にも近江はすごいです(^^♪

人生の最後に(^^♪

人生の終わり二様・・

      My way  マイ・ウェイ          

And now, the end is here
And so I face the final curtain
My friend, I’ll say it clear
I’ll state my case, of which I’m certain
I’ve lived a life that’s full
I traveled each and ev’ry highway
And more, much more than this, I did it my way

そして今や終わりが近づいている
僕は人生の終幕を迎えているのだ
友よ、はっきと言おう
確信を持って言うことが出来るよ
僕は精一杯生きてきた
どんな道も避けずに通ったが
更に、それ以上に自分の道を歩んで来たのだ

Regrets, I’ve had a few
But then again, too few to mention
I did what I had to do and saw it through without exemption
I planned each charted course, each careful step along the byway
And more, much more than this, I did it my way

少しは後悔することもあったよ
いまさら言う程の事ではないが
目を逸らさずにするべきこととはしたし
自分で立てた人生の設計図をもとに遠回りをしながらも慎重に歩み
更には、それ以上のことを自分なりの方法で成し遂げたよ

Yes, there were times, I’m sure you knew
When I bit off more than I could chew
But through it all, when there was doubt
I ate it up and spit it out
I faced it all and I stood tall and did it my way

だが君が知っての通り
自分の力を超えたことをして持て余したこともあった
だけどどんな時でも、疑問が残れば
それを食い尽くしてからそいつを吐き出してやった
僕はひるむことなく何にでも立ち向かい、自分の道を生きてきた

I’ve loved, I’ve laughed and cried
I’ve had my fill, my share of losing
And now, as tears subside, I find it all so amusing
To think I did all that
And may I say, not in a shy way,
“Oh, no, oh, no, not me, I did it my way”

僕は愛し、笑い、泣いた
欲しいものは手に入れたけれど、失うこともあった
そして今や涙は乾き、楽しい思いで一杯になったのを感じるよ
僕がして来たいろいろなことを考えると
ためらい無く言えるだろうけれど
「ああ、いや、そうではないんだよ、僕に限っては、自分の信じることをしてきたのさ」

For what is a man, what has he got?
If not himself, then he has naught
To say the things he truly feels and not the words of one who kneels
The record shows I took the blows and did it my way!

Yes, it was my way

男として何をすればいいのか、何を得れば良かったのか?
自分を偽れば、彼が本当に感じた事を言う事も出来なければ
祈りの言葉も口にすることは出来ないだろう
僕の人生の履歴は僕が戦いながらも
自分の信ずるままに生きてきた証なのだ!

そうさ、それが僕の生きる道だったのさ

   +* +* +* +*

  いつものように(フランス語バージョン)

 

    Comme d’habitude いつものように          

Je me lève et je te bouscule
Tu ne te réveilles pas comme d’habitude
Sur toi je remonte le drap
J’ai peur que tu aies froid comme d’habitude
Ma main caresse tes cheveux
Presque malgré moi comme d’habitude
Mais toi tu me tournes le dos
Comme d’habitude

僕は起きて君を揺するけれど
いつものように君は目を覚まさない
風邪を引かないように
いつものように体にシーツを引き上げ
いつものように僕の手は君の髪を撫で
本当のところ面倒くさいのだが
だけど君は僕に背を向ける
いつものように

Alors je m’habille très vite
Je sors de la chambre comme d’habitude
Tout seul je bois mon café
Je suis en retard comme d’habitude
Sans bruit je quitte la maison
Tout est gris dehors comme d’habitude
J’ai froid, je relève mon col
Comme d’habitude

そこで僕はすばやく着替える
いつものように寝室を出て
一人でコーヒーを飲み
いつものように遅刻し
音も立てずに家を出る
いつものように空はどんよりと曇って
寒さを覚え、襟を立てる
いつものように

Comme d’habitude, toute la journée
Je vais jouer à faire semblant
Comme d’habitude je vais sourire
Comme d’habitude je vais même rire
Comme d’habitude, enfin je vais vivre
Comme d’habitude

いつものように、一日中
僕は同じようなことを繰り返し
いつものように微笑むだろうし
いつものように笑いさえするだろう
結局のところいつものように生きようとするんだ
いつものように

Et puis le jour s’en ira
Moi je reviendrai comme d’habitude
Toi, tu seras sortie
Pas encore rentrée comme d’habitude
Tout seul j’irai me coucher
Dans ce grand lit froid comme d’habitude
Mes larmes, je les cacherai
Comme d’habitude

そうして一日が過ぎていく
僕はいつものように帰って来るけれど
君は、出かけているだろう
いつものようにまだ帰っていない
たった一人で僕は寝るだろう
この冷たいでかいベッドでいつものように
僕の涙、それは隠そう
いつものように

Comme d’habitude, même la nuit
Je vais jouer à faire semblant
Comme d’habitude tu rentreras
Comme d’habitude je t’attendrai
Comme d’habitude tu me souriras
Comme d’habitude

いつものように、夜も
それらしく振舞おう
いつものように君は帰ってくるだろう
いつものように君を待っているだろう
いつものように君は僕に微笑みかけるだろう
いつものように

Comme d’habitude tu te déshabilleras
Comme d’habitude tu te coucheras
Comme d’habitude on s’embrassera
Comme d’habitude

いつものように君は服を脱ぎ
いつものように君はベッドに入って来るだろう
いつものようにキスをするだろう
いつものように

Comme d’habitude on fera semblant
Comme d’habitude on fera l’amour
Comme d’habitude on fera semblant

いつものように振舞い
いつものように愛し合い
いつものように振舞う

     *+*+*+*+*+*

      「人生の扉」

I say it’s fun to be 20 ~♪
You say it’s great to be 30 ~♪
(私は言うの、「二十歳になるのは楽しいこと」~♪)
(あなたは言うの、「三十歳になるのは素晴らしいこと」~♪)

And they say it’s lovely to be 40 ~♪
But I feel it’s nice to be 50 ~♪
(そして、みんなは言うわ、「四十歳になるのは素敵なこと」~♪)
(でも、五十歳になるのも良いなって感じるわ ~♪)

I say it’s fine to be 60 ~♪
You say it’s alright to be 70 ~♪
(私は言うの、「六十歳になるのもいいんじゃない」~♪)
(あなたは言うの、「七十歳になるのも悪くはないわ」~♪)

And they say still good to be 80 ~♪
But I’ll maybe live over 90 ~♪
(そしてみんなは言うわ、「80歳だってまだまだ大丈夫よ」~♪)
(でも、私は90歳過ぎまで生きると思うわ ~♪)

I say it’s sad to get weak ~♪
You say it’s hard to get older ~♪
(私は言うの、「老いるのは悲しいこと?!」~♪)
(あなたは言うの、「老いていくって辛いこと?!」~♪)

And they say that life has no meaning ~♪
But I still believe it’s worth living ~♪
But I still believe it’s worth living ~♪
(そしてみんなは言うの、「人生に意味はない」って ~♪)
(でも、私は信じてる、生きるって すばらしいこと~♪)
(でも、私は信じてる、生きるって すばらしいこと ~♪

*「サンライズ音楽広場」のテーマソングにしたい歌詞です(^^♪

どや顔(^^♪ 懐かしい大阪弁・・

本日の新聞ニュースから

「羽生結弦が、フリーで自身の世界歴代最高を塗り替える223・20点をたたき出し優勝を果たしました。(途中略)羽生が史上最高の演技で10・66点差をひっくり返した。曲に合わせ「自分が風だったり、川の中にどぷんと入ったり」。まるで自然の中にいるように、演技に入り込んでいた。1つ目の4回転ループ、次の4回転サルコー。静まる会場に着氷音がシャッと響くたびに大歓声が後に続く。後に待つのは今季これまで5戦すべて失敗している4回転サルコー-3回転トーループの連続技。美しく2つをまとめ「鬼門」を突破すると、続く4回転トーループも成功。4回転ジャンプ4本すべてで2点以上の加点をもらい、今季初めてノーミス。滑り終えると、ドヤ顔で会場を見回した。」

 

全国紙にも掲載される「ドヤ顔」という言葉を、最近まで意味を知りませんでした<m(__)m>。西成や山谷のドヤを連想していました・・( ;∀;)。

 

(ドヤとは若い人には分からないと思いますが、宿が逆さまにされた言葉でした)
大阪では、語句の始めに「ど」をつけることが多かったです。逆上がりが上手く出来たときは「どうや」とか、心配なときは「どないしたいんや・どないや!」・・
「どつく」「どあほ」、。「どたま」←頭 、「どうそ」・・  長い間暮らした大阪が懐かしいです♪ 

バレンタインデー

物を貰うのがあまり好きでないです。
特に誕生日・・、幼少の頃親から誕生日をあまり祝ってくれなかったのでへそ曲がったのかも( ;∀;)

現役時代、転勤地の朝礼でバレンタインデー前日朝礼で「甘いものは嫌いで食べせん」とか言っても、翌日出先から帰ると机に義理菓子がありました。それで次の転勤地で「本命チョコしか受け取りません」と言いました。効果てき面でそれ以後チョコを頂くことはなくなりました(^^)/

ところがある転勤地での初年度、同じように言ったのですが、翌日出先から帰社すると机の下にリボンのついた箱が・・それも二つ 本命だけと言ったのに・・誰だろう・・・。そっとリボンを解きました・・

その年はインフルエンザが流行っていて、前日まで数名の社員さんが欠勤されてました。その方が今日からの出社だったので、「本命しか受け取りません・・」を聴いてなかったのです。ただの義理チョコでした(^-^;

*最近は人との交流は大事と思うようになり、人に何かあげたときの喜びがわかるようになりました♪