1960/S35~S45

時には母のない子のように 1969 カルメンマキ

1969年カルメン・マキのデビュー盤シングル・レコード

寺山修司が主宰する劇団「天井桟敷」に新人女優として入団したカルメン・マキのデビュー曲として企画され、リリースされた。作詞は寺山が手掛け、寺山の秘書を務めていた田中未知が作曲を手掛けている。本曲で、カルメン・マキは1969年の第20回NHK紅白歌合戦に出場を果たした。作詞の寺山は、本作を作るに際してゴスペルソングとして有名なSometimes I feel like a motherless chil(ときどき、わたしは母親のいない子のような気持ちがする)から発想を得たとされている[1]

Visits: 359
Today: 2
Total: 52108

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JR南草津駅から徒歩数分!敷居の低い音楽の場お問い合わせ

ご予約はこちら メール・問合せ

メール問合せは翌日以降になります、ご容赦の程お願い申し上げます。