1960/S35~S45

遠い世界に~五つの赤い風船♪

作詞・作曲・編曲は五つの赤い風船のリーダー西岡たかし。1968年5月8日にデビュー曲「恋は風に乗って」のB面として発表されたが、翌年にAB面を入れ替えて同じ品番で再発された。1969年2月発売の高田渡とのカップリング・アルバム「高田渡/五つの赤い風船」に収録された[1]合唱曲としても人気が高く、中学校の音楽の教科書(音楽之友社)にも採用された[2

Visits: 887
Today: 2
Total: 78293

comment 1件

  1. かつて、野外音楽堂が天王寺にあった。70年代「春一番」などのコンサートが催され、数々のミュージシャンが出演した。なかでも、西岡たかし率いる五つの赤い風船の「遠い世界に」に感銘した。以後、和製フォークソングから始まりボブディラン、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング・・と繋がる音楽遍歴の端緒となった。

    高校の一年生だった私は水泳部に入部した。ヘルメットの先輩が校長室を封鎖し、プールには机・椅子が投げ込まれていてクラブ活動はままなかったが、素朴な心は周囲の影響を受けた。一年後自治会執行部に入り嬉々として制服廃止を訴えるようになった。

    そんな時に野音で「遠い世界に」を聴いた。西岡たかし氏の作品は変わらぬ純粋でひたむきな心が通っている。この曲は、山河・地球、ひいては宇宙を具体化していると思う。私は五つの赤い風船をこよなく愛でるようになったのである。

    思い出は、嫌なこと・苦しかったことは忘れて、愉しいこと・嬉しかったことを選んで思い出すのが、体にも心にも良いと感じる 「五つの赤い風船」の想い出は、私にとってBestだ・・ by coo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JR南草津駅から徒歩数分!敷居の低い音楽の場お問い合わせ

ご予約はこちら メール・問合せ

メール問合せは翌日以降になります、ご容赦の程お願い申し上げます。