1971/S46~S55

だれかが風の中で 1972 上條恒彦

1972年昭和47年)にリリースされた上條恒彦シングルフジテレビで同年放送された『木枯し紋次郎』の主題歌である。作詞は和田夏十、作曲は小室等。同年だけで約23万枚を売り上げた。

Visits: 402
Today: 5
Total: 37486

comment 1件

  1. これまで数ある時代劇の中で唯一TVで観ていた「木枯し紋次郎」。
    主人公の紋次郎が中村敦夫でこれがまたシブかった!
    毎回これを観ては、当時何で作ったかは忘れたが、紋次郎の楊枝を真似て、吹き飛ばしていたのを今でも覚えてる。
    上條恒彦の代表曲でもある「出発の歌」も良かったが、自身にとってはこちらの曲の方が記憶と懐かしみが深い。
    広大な草原の真ん中で歌ってみたくなるような曲だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JR南草津駅から徒歩数分!敷居の低い音楽の場お問い合わせ

ご予約はこちら メール・問合せ

メール問合せは翌日以降になります、ご容赦の程お願い申し上げます。