1960/S35~S45

さっき君が 1970 溶けだしたガラス箱

溶け出したガラス箱」に収録。「溶け出したガラス箱」は木田高介西岡たかし斉藤哲夫の3人によるユニット名義の1970年11月に、URCレコードより発売されたスタジオプロジェクトによるアルバム。ゲストとして加藤和彦細野晴臣竹田和夫上村律夫が参加している。

木田高介~参加した早川義男のジャックスが1969年解散、六文銭に一時在籍した後、編曲家となり、五つの赤い風船フォーリーブスかぐや姫バンバン山室英美子トワ・エ・モワりりィなどをプロデュースや編曲した。
出発の歌」(上條恒彦)、「神田川」(かぐや姫)、「私は泣いています」(りりィ)、「結婚するって本当ですか」(ダ・カーポ)など数々のヒット曲がある。

1975年から1980年の間ザ・ナターシャー・セブンに参加した後、ソロ活動を始めた矢先、1980年5月18日交通事故で死去した。享年31歳だった。

事故から約1ヶ月後の1980年6月29日、日比谷野外音楽堂で「木田高介・阿部晴彦追悼コンサート」が開かれ、1万人近くのファンが集まった。この日は明け方には地震があり一日中、雨模様であった。北山修自切俳人)が泣きながら「帰って来たヨッパライ」を、オフコースは「いつもいつも」をアカペラで、吉田拓郎は「アジアの片隅で」を披露した。またかぐや姫は一日限り再結成した。

参加ミュージシャンは以下の通り:ザ・ナターシャー・セブン(高石・坂庭・城田と石川鷹彦)、オフコース小田鈴木大間・清水・松尾)、かぐや姫伊勢山田)、(伊勢・大久保)、五つの赤い風船(西岡・長野・東・藤原)、吉田拓郎小室等遠藤賢司斉藤哲夫下田逸郎かまやつひろしイルカ、りりィ(国吉良一+土屋昌巳)、はしだのりひこ、ダ・カーポ、山本コウタロー五輪真弓加川良沢田聖子ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンド(坂庭の弟も出演)、金子マリとバックスバニー、チャースピードウェイスクランブル・エッグ上条恒彦倍賞千恵子吉川忠英瀬尾一三岡本おさみ喜多条忠

木田の葬儀に参列した五輪真弓が木田の妻の悲嘆ぶりを目の当たりにし、それを基にして作った楽曲が彼女の代表作となる「恋人よ」であった。

Visits: 596
Today: 6
Total: 52429

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JR南草津駅から徒歩数分!敷居の低い音楽の場お問い合わせ

ご予約はこちら メール・問合せ

メール問合せは翌日以降になります、ご容赦の程お願い申し上げます。