◆流行歌1945/S20~S24

リンゴの歌 昭20

昭和20年並木路子霧島昇戦後のヒット曲第1号となった楽曲。作詞はサトウハチロー、作曲は万城目正第二次世界大戦敗戦後の日本で戦後映画の第1号『そよかぜ』は昭和20年10月11日公開、の主題歌及び挿入歌として発表された[1]。『そよかぜ』は並木が主演を務め、霧島も出演している。

並木路子は、最初からこの歌のイメージどおりに明るくえませんでした。昭和20年3月の深夜の東京大空襲、1783トンの焼夷弾を豪雨のように投下された下町はは猛火に包まれ、路子と母親は炎の海を逃げまどい2人は隅田川のほとりに追いつめられました。熱さに耐えきれず川に飛び込んみ2人はさされ路子は気を失い母ばなくなりました.。

路子は悲しみに浸るいとまもなく、軍の命令で慰問団で満州に行き帰国してすぐのレコーディングでした.。帰国した路子を待っていたのは、父と兄の戦死でした。明るく楽しく歌えといわれても、悲しみはどうしても声に出てしまいます。万城目に何度も歌い直しさせましたが、なかなか声から愁いが消えませ。とうとう彼はリハーサルを中止し、息抜きに上野を一回りしてくるように指示しました。

上野駅の付近には幼い少年靴磨きたちが道具を入れた箱を肩からかけ、客を捜して彷徨てました、年を聞くと「お母さんが空襲で死んじゃっくたので、いくつかわからない」 と答えました。路子はハッとしました、不幸なのは私だけじゃないんだ。孤児になっても懸命に生きている.きようとしている。私も前を向いて生きていこうスタジオに戻ってマイクかった路子の声は一変していました。 その彼女の歌声は戦争で心身に傷を負った多くの人びとを癒しました.生まれました。

Visits: 316
Today: 2
Total: 25156

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「サンライズ音楽広場」は南草津駅から徒歩6分ですお気軽にお問合せください