◆ジャズ/スタンダード1940~

You’d Be So Nice To Come Home To 1942

コール・ポーター作曲で、1942年に発表された映画 “Something to shout about” の挿入歌である。映画ではジャネット・ブレアドン・アメチーが歌った。またダイナ・ショアのレコードが1943年のヒットチャートに入った。

戦場に送られた青年が、愛する女性を思う気持ちを歌い上げたナンバーである。[1]色々な歌手により、またインストゥルメンタルとしてカヴァーされている。ウディ・アレンの映画『ラジオ・デイズ』ではダイアン・キートンが歌っている。

なお、題名は「あなたが待っている家に帰って来られたらすばらしいだろう」という意味であるが、『ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ』という題名で、日本では普及している。ジャズ評論家の大橋巨泉は「帰ってくれたらうれしいわ」という訳題をつけた[1]

Today: 1
Total: 35406

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JR南草津駅から徒歩数分!敷居の低い音楽の場お問い合わせ

ご予約はこちら メール・問合せ

メール問合せは翌日以降になります、ご容赦の程お願い申し上げます。