◆ジャズ/スタンダード1950~U-Z

YOU BELONG TO ME 1952

ユー・ビロング・トゥ・ミー」(You Belong to Me) は、1950年代のロマンティックなポップバラードの楽曲。歌い手は、恋人など愛しい相手のことを、相手から離れた場所で思いながら、また自分にふりかかる事態に嘆息しながら、何があっても「あなたは私のもの (you belong to me)」と歌う。

ユー・ビロング・トゥ・ミー」は、ピー・ウィー・キングチルトン・プライスレッド・スチュワートの3人の共作とされている。ケンタッキー州ルイビルのラジオ局WAVE(後のWGTK (AM))で、音源管理をする「音楽司書 (music librarian)」をしながら楽曲を書いていたチルトン・プライスは、、第二次世界大戦で海外に従軍している愛しい人を思うアメリカ女性の願いを込めて「Hurry Home to Me」(「早く私のところへ帰ってきて」といった意味)という曲名でこの曲を作った。ピー・ウィー・キングレッド・スチュワートは、もっぱらこの曲を広める役割を担う代わりにソングライティングのクレジットを分ち持つことになったが、旋律や歌詞に多少の修正を施し、戦時下の作品という背景から焦点を移して、「引き離されている恋人たちのことを歌った一種の普遍的な歌へと」作り直し、曲名も「You Belong to Me」と改めた。

1952年のバージョンは、スー・トンプソン英語版)が吹き込み、マーキュリー・レコードカントリー・ミュージックのレーベルから、カタログ番号 6407 としてリリースされた[3]。その後、程なくして、 パティ・ペイジがこの曲をカバーし、同じくマーキュリーからカタログ番号 5899 としてリリースし、B面には「I Went to Your Wedding」が収められた。このレコードは、『ビルボード』誌のチャートで、1952年8月22日付けでチャート入りし、12週間チャートに留まり、最高4位まで上昇した[4]

最も人気が高かったのは、ジョー・スタッフォードによるカバーであった。コロムビア・レコードからカタログ番号 39811 でリリースされたこのレコードは、スタッフォードにとって最大のヒット曲となり、アメリカ合衆国イギリスの両国でチャートの首位に立ったが、全英シングルチャートで女性歌手が首位に立ったのは、この曲が初めてであった[5]。全米チャート入りは、1952年8月22日付けで、チャートには24週留まった[4]。イギリスでは、同国初のチャートであった1952年11月14日付のチャート(当時はトップ12)に登場し、1953年1月16日付で首位に達してこの種のチャートの第2代目の首位曲となり[5]、合わせて19週にわたってチャートに留まった[6]

Today: 2
Total: 37069

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JR南草津駅から徒歩数分!敷居の低い音楽の場お問い合わせ

ご予約はこちら メール・問合せ

メール問合せは翌日以降になります、ご容赦の程お願い申し上げます。