◆ジャズ/スタンダード1940以前

Body and soul 1939 (1930)

「Body and Soul」は、ロンドンの聴衆に紹介されたイギリスの女優で歌手のガートルードローレンスのためにニューヨークで書かれました

最も有名で影響力のあるテイクの1つは、1939年10月11日、RCAビクターの子会社であるブルーバードの唯一のレコーディングセッションで、コールマンホーキンスと彼のオーケストラによって録音されました。曲のメロディーが録音でほのめかされているだけで、録音は珍しいです。ホーキンスの曲のコード進行に対する即興の2つのコーラスは、ほぼ全体のテイクを構成します。[5]このため、ハーモニーの想像的な使用と従来のスイングの決まり文句からの脱却と同様に、この録音は「ビバップの初期の震え」の一部として認識されています。

「身も心もあなたのものだと思っているのに、なんでワタシはこんなに寂しい想いをしているの?」という身につまされるような内容の詞と、波瀾万丈な生涯を送ったビリー・ホリデイのイメージが重なり、彼女の代表的なパフォーマンスとして記憶されている。

Today: 1
Total: 37079

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JR南草津駅から徒歩数分!敷居の低い音楽の場お問い合わせ

ご予約はこちら メール・問合せ

メール問合せは翌日以降になります、ご容赦の程お願い申し上げます。